素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

高山病と高山病の対策方法

ネパールトレッキング・クライミング・登山で欠かせないのが高山病対策。高山病対策を抜けてはネパール高地でトレッキング・クライミング・登山が混乱に終えます。基本的に高山病は理解力に伴う健康管理。歩き方、スピード、食生活、水分補給、景色を楽しむなどなどといったごく自然なことにより抑えられる。メジャーポイントについて下からご紹介します、注意深くお読みください。我々は自然の恵み、自然と離れた行動により高山病にかかる可能性がある。自然な行動に心をしましょう、高山病にかかることなくすべてがよくなります。

後は長い間お持ちの夢と希望を託しの会社や同行のガイドです。高山病の症状を率直に理解できる能力がはっきりしてる同行のガイドと、そうなったときに対応できる万全な高山病対策が整ってる会社であること。我々現地ネパールにある青空トレッキングとそのチームがお客様のご期待に応えられるトレッキング・ヒマラヤ観光を現職としてる者であり、まずは高山病を避ける方法からトレッキング・ヒマラヤ観光を進んでおり、万が一に高山病にかかった場合、すぐに対応できる設備を整えて安全なトレッキング・クライミングをお届けしております。

そのような高山病って何?

3500mを超える高地トレッキングでは、酸素濃度が平地に比べて異なり、なんとその量が3分の2にも減ってしまうというのです。いきなり高地トレッキングやクライミングと登山を目的にして急に標高を上げると当然ながら、体が変調をきたす。高山病は血液に酸素が生じるものです。呼吸の空気中に酸素が少ないと、呼吸から採りえるはずの酸素量が少なくなり、血液に必要な分酸素分が足りなくなってしまい、サラサラになるはずの血がドロドロに変わり始めます。酸素が不足してるドロドロの血の流れが鈍く、この血を通して回るはずの十分な酸素が脳へ運べなくなり、高山病の幻想生じます。伴って高山病の症状として吐き気、息苦し、目まい、下痢、消化不良、頭痛、重いつかれ、手足のむくみなどなどといった症状が現れ始めます。高山病によって現れる。この症状にすぐに反応しないと症状が悪化し、命への警告を知らされる。

高山病対策方法(青空観光旅行社)

高度順応を設ける行程を作成し、毎日トレッキング技術、トレッキングの歩き方:

トレッキング行程から高地へ上がる順に高度順応日を設け、スピードを抑える。トレッキング途中でもありがちの忘れやすい深高級を整えながら進む。さらに、同行の日本語ガイドがお客様一人ひとりの健康状況確認する。毎日お休みなる前に翌日の高度、標高、道のりとワクワクする大自然について説明し、中では、気になる高山病にかかりにくい方法の説明、それは目的達成できる方法。同行の日本語ガイドよる説明を参考に大切な目的に向かう。

毎日の健康管理:

当然のことながら青空トレッキングネパールによる同行の日本語のトレッキングガイドは、安全トレッキング・クライミングリードし、最中や休憩の時、またはお休みになる夕食前の集合でお客様一人一人の体調管理する。この時パルスオキシメーター「血中酸素濃度測定器」を使用し酸素濃度やら心拍を確認。さらに、唇、爪とところで現れやすい高山病の症状を確認し、気配りの高い配慮で翌日の行動を案内する。食事メニューは自由に選べますが、それ以外にお青空トレッキングよる長い経験のトレッキング知恵袋(深高級、特定の水補給などなど些細で貴重なこと)を開き、対応。追加で必要に応じて酸素濃度が多いもののご紹介を採るようにお勧め。

A. 水の補給:

人間の体は60〜70%ほど水分に成り立っている事実が鏡で見るようなものです。この事実を基本に水分補給が高山病によくも役立つのです。そんな!なぜ効くのかって疑問に思ってる方がいておかしくない。でも事実を無視することができない。血液は水により溶かされてる赤いインクの用なものであり、血液の中に水分があることは事実です。この水分により血液がサラサラになる。命を支えてるこの血がサラサラにする、ずいぶんに水分の補給が大事。代わって体に水分量が減ると血液が濃くになり、脳への酸素運びが遅れる。これによって高山病の症状が発信され時頼命の危険をさらすこともある。ちびちびととっていく水分がすぐに血液に吸収され、酸素缶から吸収する酸素より役立つ。でも一度に大量の水分を補給するより、ネパール高地トレッキング・クライミングや登山の際たいてい10分ごとに軽く一口補給した方好ましい。

B.スピードに配慮のトレッキングの歩き方

長い間持ち続きの夢素早く見たいのが当山のことですが、一方間違えることですべてが台無しになってしまう。ネパール現地にあるトレッキング会社青空トレッキングはお客様の機体の目的先までうまく連れて行き、いただける言葉、有難うに夢中。この状況が成り立つ一つの方法として、トレッキング・クライミングを原則にしてる青空トレッキングカンパニーによって作成のトレッキングクライミングの行程に従ってただく日宇町があります。トレッキング行程では、高度順応とトレッキングで最も貴重な歩き方を設けております。スピードを上げて早くしたいのが理解できますが、一方間違えることですべてのプログラムが台無しになることもトレッキングカンパニーとして目に見えてるものです。何より大事なのがトレッキングで歩き方とそのスピードです。

C.出発事前の体制と持ち物につき:

上記でもお伝えしましたように高山病は、年齢、体質やら何度かのトレッキング・クライミングにわたって高地で高度順応に慣れてるトレッキング・クライミングガイドにもかかる厄介なものです。だからといって、初心者のトレッカーやクライマーにも平気でトレッキングクライミングできるものです。きりのないこれは雄一の悪い条件は睡眠不足。睡眠不足により高度順応で慣れてるガイドも高山病にかかってる過去にたくさんの経験があります。一日の取れキング楽しく終え、悩むことなく、翌日に備えてぐっすりと睡眠を採りましょう。

D. タバコやお酒の消費をやめましょう:

平地の生活と全然異なるのが高地生活。酸素の少ない高地トレッキングやクライミング活動の時き少なくともタバコとお酒の喫煙はやめましょう。アルコールは体に重要な水分を吸収する。酸素濃度の少ない高地では一本のタバコが25%酸素を消費すると言われます。

景色を楽しめましょう

大切な高い金を払って歩んでるトレッキング・クライミングの夢を大切にするには、変わったところで変わった大自然に念を払いましょう。ストレスの上がらない日々を願うのが何より大事。人生を送る中でいつでもあるようなストレスとテンションを下げるには、いつもと変わってる自然に集中しいやなことを避けていくようにしましょう。トレッキングやクライミングまたは登山の際現れる大好壮大山の景色や自然をじっくりと楽しみましょう。写真撮ってる間でも息が止まるのが自然で、なるべく多くの写真を撮ることをやめましょう。

万が一に備えて

3500m以上でお泊りの宿泊施設で伴うコースでは、酸素ボンベ、緊急加圧装置(セルテック)を携帯しており、ガイドとサブガイドがこの装置を運営できるように訓練させております。高地でもこの装置を使用することにより、下山するのと同じ環境にお客様を救うことが可能のためです。このほかに4人以上のグループでは、トレッキングガイドとサブガイドを同行します。万が一グループの中で高山病にかかってしまう人がいればその人をサブガイドが付き添う。残りのグループがそのまま目的へと進める。サブガイドが高山病にかかってるトレッカーを連れて下山します。よくなってからまた上昇を挑戦します。

注意:一度酸素ボンベは緊急加圧装置を利用することで下山は普通になります。

上記ご説明にありました高山病と対策方法はは、あくまでも私青空トレッキング&エクスペディションネパールのドゥワディが書いた長い山旅の経験によるもので、せいぜい効果があったものとして紹介しております。医学的によるものではありませんので、医学的に修正することがありましたら当社青空トレッキングのメールID info@onlinetreks.com またaaozoratravelinfo@gmail.com にてお知らせください。ご協力、感謝いたします。

知っておくと得するトラベル情報、お客様は大丈夫?

ネパール入国ビザ:ネパール入国目標によるビザがあり観光目的でネパール入国する場合観光ビザを取得しなければならない。在日ネパール大使館や総領事館で旅行を事前にビザを取得することもできますが、直接ネパール国際空港でもビザを取ることが出来ます。陸上でチベットやインドからネパール入国計画の場合ネパール入国口にあるイミグレーションオフィスでビザを発行されます。ビザ料金は現金のみです。15日間、30日間、90日間と100日と言う単位が主に、それ以上滞在ビザ可能です。1年間は1月一日から12月31日と言う期間を一年とし、最大で150日までのビザ可能です。

入国ビザ料金と期間 ビザ発行箇所と料金
通貨 期間 東京・福岡 大阪
$・円・地元通貨のネパールルピー 15日間 3000円 3300円
$・円・地元通貨のネパールルピー 30日間 5000円 5500円
$・円・地元通貨のネパールルピー 90日間 12000 13200円
日本からの観光客: アライヴァルビザOk ネパールルピー イミグレにある銀行の窓口

ネパール入国ビザ手続き方法について詳しくはこちらから

旅行と旅行保険ついて:ネパールヒマラヤ観光、トレッキング・クライミング・ラフティングなどすべてがリモートといった不便な場所に行われるため、時により、手に追えない病気や事項からの救出はヘリになって行われる必要もございます。このような時に役立つのが旅行保険です。保険をお持ちのことはご確認ください。

当社より大事な知らせです:ネパールトレッキング、ネパール登山、ネパールクライミング、ネパールアドベンチャートレッキング、高地ベースキャンプトレッキング、ハイパストレッキング、ラフティングなど様々な活動のできる自然遊びの天国です。主な現場では、病院や治療所が不足してるのが当然のことであるため、ご予約のトレッキング・クライミング・ジャングルサファリや登山などご開始の前に長い病、心臓病、高所病などお持ちの上に何らかの病気に対し今現在ご使用になってる薬などがありましたら、あらかじめ会社の方お知らせください、主末事前に段取りを整うべくものであります。

都合に合わせての予約:ネパールトレッキング・ツアー・観光・クライミング・登山・ジャングルサファリ−ホームステーなど各分野についてご紹介のページとそれに伴う工程などは一般的な基本に基づき作成されたスケジュールであり、これと別にお客様のご希望、ご都合に合わせて作成することをとても楽しみしております。ご希望をご相談ください。続きまして、ポカラ、チトワン、ジリ格別な地域に沿って作成のプランでは、バスや専用車を利用してることが多い、ご希望が飛行機やチャーターヘリや飛行機チャーターの計画を立てたい時、ご遠慮なく当社までお問合せ下さい、日本語にてすぐに対応いたします・・・・・詳しく読む

支払い方法について:ご希望のツアー・トレッキング決定されますと決定額の20%額を予約金額として当社の銀行振込口座まで振込みさせていただくことになります。これらの予約金額は決定旅行に伴うホテル、航空券・専用車、ガイド、トレッキングツアーで必要な書類手続き費用にあてはめる額であります。ご了承ください。プログラム予約決定金の支払い方法は、オンライン送金、銀行送金の他キャッシュカード支払い方法にて受付しております。支払い詳細や当社の口座詳細につきお問い合わせください。・・・・・詳しく読む

トレッキングツアーの見積もり:上記説明しましたようにホームページで記載のプログラムは一般的な工程と合わせた料金であり、その他ご希望とご都合に合わせてネパール、インド、チベット、ブタンへの観光、トレッキング、ジャングルサファリ、専用車、航空券、リバーラフティング、市内観光、ヨガなど充実したツアートラベルサービスをお届けしております。ご希望と都合に合わせてフリー見積もりサービスを提出いたします、お問い合わせください。詳細を読む・・・・・・

トレッキングの準備: トレッキングパーミット:登山、クライミングとトレッキングを厳密に区別しているネパールでは、普通のトレッキングをする場合トレッキングパーミット、TIMS(Tourist Information Management System)カード必要となります。エベレスト街道、アンナプルナ地域、ランタン方面トレッキングルートは普通のトレッキングルートとし、政府発行のパーミットが必要なく、でも自然保護地域プロジェクトとして各地域入場許可を取得する必要があります。 北ドルパ、ムスタン、ツム街道、ナルフ街道などに向けたトレッキングには、特別トレッキング許可証ゲットの条件があり、特別申請する義務があります。 手続きに基本書類、パスパートのコピーパスポートサイズの写真の他に申請日数。会社が代行して手続きすることで、2,3日無駄にならず、ネパール到着してすぐにプログラムが始められます。詳細はお問い合わせください。詳細を読む・・・・・・。

交通機関:カトマンズから離れてするすべてのアクティヴィティーは専用車両は飛行機を利用することになります。特にアンナプルナ街道・方面トレッキングの場合カトマンズからバス、専用車やポカラ線飛行機の中でお客様の都合に合わせて利用出来ます。飛行機移動に比べてバス移動の場合二日から三日ほどのトレッキング行程が長くなります。専用車やバスを利用する移動には滅多なことですが、別の自然界、その周囲に暮らしてる人々の生活習慣の他にカルチャーなどに触れる魅力があります・・・・詳しく読む

トレッキングルート先で点在の病院と診療所:ソル・クーンブ山域:大希望のトレッキング客が込み合っているエベレスト街道トレッキングルートのジリ/ルクラ/クンデ/フェリチェでは病院や診療所があります。標高3000mを超える標高では高山病にかかることがあり、個性的です。未経験の高地であるこれらのルートでは高山病やそのほかの病気など心配なくトレッキングを楽しめられるように診療所は病院を設けています。新鮮な空気とシンプルな食生活をすごすトレッカがトレッキング後より元気になったこともあれば、下痢や普通の熱だから、あるいは息苦しく高山病の警告を走っていることを無視して死亡する事件まで巻き込まれた例があります。お客様の健康を考えて設けているこれらの診療所や病院を訪れ健康を大事にしましょう。
アンナプルナ方面:ジョムソン/マナン:アンナプルナ地域に見晴らしの大自然を健康な体と心で楽しめられるようにジョムソン街道とマナンで病院を設けております。気分が悪くなったり、食欲が無くなったり、熱や下痢になったり、あるいは高山病症状ではない・・・・・・?と疑うようなことが合ったらすぐにともにいるガイドと現状を相談し、病院を訪れ健康な体に心をかけましょう。

高山病: 高山病は個性的者です。登山や高地トレッキング経験のある方にでも高山病になることがあれば、初心者でありながら通常の標高を越えてまで高山病にならないこともあります。通常3000mを超えれば高山病が起こりうる標高です。予防はゆうっくりと登りつむこと。体に変調が感じた場合、ともにしているガイドさんに相談し、苦しい場合下山する。標高を順にのぼりつむことから無理のない行程を取り組むことで高山病心配を避けられ・・・・・・詳しく読む

服装と装備:第一必要なのが健康な心と体。変更などに即応出来て動きやすい服装がお勧め。町を離れた山奥で自然遊びがトレッキングですから低地と高地で寝泊りすることになります。昼と夜では気温が何十度も変わることになります。そういった状況に対応できる服装を用意しましょう。
エベレスト地域のトレッキングする場合朝晩は寒く、昼は日差しが強い・・・・・・詳細を読む

トレッキングの季節:通常のトレッキング季節として知られているのが9月中旬から5月中旬。美しい山を目的としたトレッキングの場合最高のトレッキング季節として考えられるのが9月中旬から12月上旬と3月から5月まで。6月から8月にかけて雨が降ることが多い。雨季でありながら雨の降ることが無くムスタントレッキングする場合快適のシーズンとして考えられます。9月から12月にかけての秋は青空が澄み渡り、ヒマラヤの美しさは完璧。12月から2月にかけて寒さは厳しく、標高3000mを超えると積雪するが万全な準備をすれば十分に目的を楽しめる。3月から春霧が始まり、希望に沿った展望が厳しくなる。5月以降は晴れていても雨季のためトレッキングには向かない。・・・・・・詳細を読む

宿泊と食事:カトマンズやポカラ、あるいはそのほかの町観光では個室部屋での宿泊設備が可能ですが、短縮トレッキングや高地ヒマラヤベースキャンプトレッキングではロッジ泊プラントなります。食事はネパール食のダルバットから焼き召し、焼きそば(チャウミン)、うどんに似たトゥクパ、フレンチトースト、トースト、野菜炒め、ニンニクスープ、野菜スープ、オムレツ、餃子、ピザ、パンケーキ、ポリッジ、チベット風料理、ボイルドポテト、フライドポテト、焼き餃子、ホヤホヤのパン、ステーキなどなどを料金プランによるメニューが楽しめられます。・・・・・・詳細を読む
寝室:トレッキングでは個室では無く、二人が利用できる部屋があり、季節では dormitaryで寝過ごすことも考えられます。9月から12月の季節ではグループ内人数が少ないほど忙しいルートのエベレストやアンナプルナ方面トレッキングでは寝袋を利用し空き所で寝過ごすこともあります。ベッドにはかけ布団と枕も用意されて降りますが、寒げな方は寝袋を持ちましょう。なお、トレッキングシーズンに合わせてフリスの寝袋が必要かを参考ください。 トイレがロッジの外にあるときもありますのでレインコットや懐中電灯を持つと便利です。なれない道で足元の危ない道がありますので懐中電灯は必ず持つようにしましょう。・・・・・・詳細を読む
食事:ネパール料理のダル・バット、ポリッジ、パパド、オムレツ、目玉焼き、ゆで卵、ボイルドポテト、うどん風の面入りスープ、野菜炒め、タルカリ、焼きそば風のチャウミン、パンケーキ、フレンチトースト、トースト、サンドウィッチ、焼き餃子、ゆで餃子、肉、野菜スープ、フライライスお菓子、飴、パン、ビスケット、スナック、ポテトチプスなど。・・・・・・詳細を読む
お勧めの携帯式日本の味:日本の味に頑固の方携帯式の味噌汁、ふりかけ類、乗り、ココア、携帯用のしょうゆ、カップラーメンなどを持ちますと懐かしいふるさとの味を楽しめられます。
お勧めの飲み物:ブラックコーヒー、ホットコーヒー、ミルクコーヒー、コーチャー、ホットレモン、ホット水、ミネラルオーター、ホットチョクレット、ニンニクスープ、コーンスープ、缶ビル、コーラ、ハードドリンクニンニクスープ、ホットレモン、ホット水、コチャー、ミルクコチャー、ホットチョコレットなど。

ポーターとガイド:ルートごとに経験豊かな日本語や英語トレッキングガイドは可能です。日本語ガイドを利用するに当たり料金の多少が変わります。元々日本語のガイドを夢見ているものなので道やトレッキング地理の知識に優秀なトレッキングガイドあり、失格の持っているものを用意しているためトレッキング途中で苦情への心配は要りませんもしそのようなことが出た場合当社自身の責任になることを約束できます。
ガイドの経験に関することですが先輩ガイドと少なくとも2回ルートを往復してないものをガイドとして利用することがないのです。性格などに対する不安もあると思いますが、ポーターをし先輩の背中を見ながら経験と積み上げてないものをガイドとして使うことが一切ありません。少なくとも2年近く「ルートを全部知るまで」アシスタントガイドとしての仕事ぶりを確認してからガイドとして雇い始めることが当社の特徴です。
トレッキンググループをリードし山に行く仕事をガイドとしてみているのではなく、グループのことをちゃんとしてリードする上に満足の得られる仕事をこなしてくれる資格者をガイドとして雇っているのです。お客様たちの中で高山病にかかる人もいれば、それ以外の病気にかかったりする人も出るときがあります。これらの状況を読んで直ちに判断をして安全の出来る旅行をこなしてくれるものをガイドとして雇っている事実があります。ごく普通に聞こえる”有り難う”ですがお客様の安全を第一にしている私に”有り難う”ください。・・・・・・詳細を読む

当社:

政治事務所登書類
弊社について
観光客の賑っているタメル地域近くにある当社はおチャーを静かに飲みながらお話の出来る位置にあります。物乞いやそのほかのものにしつこく付きまとうことなく、大事な旅行に出発する前に冷静に注意点などお話できる距離です。中央タメルからわずか7〜8分の歩行距離にある当社はお客様のことを考え、わざと少し離れたところに設置しております。
日本人、日本の文化と日本のことをしている当社社長は日本人観光客に人気のある大手旅行社で長年に渡りマネジャーの仕事をこなしていた経験者です。清潔で時間に厳しくお客様を大切にするものです。現場にいる一人ひとりのお客様に関する情報を把握し、必要に応じて係わり員に指導し一人ひとりの安全を第一に考えてくれるものです。
地元ネパールで生まれ、日本の大手観光旅行社で勤めの経験をあり、時より日本人観光客をリードしていた経験豊かなもので、日本語使用にも問題のない仕事に厳しいでも心の暖かい人です。どうぞ一度訪れてみていかがでしょうか?よろしくお願いします。・・・・・・詳細を読む

エコプログラム:山の大国ネパール登山、トレッキングやピーククライミング愛好者にとって大の国としての人気を誇っています。手つかずの自然が印象付けるネパールですが、近年開発計画や人口増加が進むにつれて、森林の減少、温暖化現象など深刻な問題を受けている。外国から訪れています登山やトレッキングたちによる自然破壊・汚染も影響を及ぼしている。
これらの現状を深く理解し、当社では自然保護に知識優秀なガイドを利用する上でお客様に協力を求めル場合があります。少なくともトレッキング・ツアー中生活の中で出るごみのポイ捨てがないようにSPCC,ACAP, MCAPなどトレッキングルートごとにおかれているゴミ箱の中に入れるか、そうでない場合ごみ管理のできる位置まで一緒に持ってあるかするようにしてください。

よくある質問欄:当社では過去に訪れましたお客様の意見、経験とお知らせするべくものからよくある質問欄ページを作成しております。ご覧いただけますとお客様のネパール旅行をより立派な旅行になることを予想されます。そのほかの気になることなどありましたらすぐにお問い合わせください。・・・・・詳細こちらから

注意:外国の町として知られているタメル地区では非常に物乞いの子供たちが増えています。物乞いに金銭的物を与えることで彼らの育ちを妨げ、逆に言いますと社会負担が増加する幻想が起こります。そう言った行為を避けて彼らに彼らのするべく社会的任務を教えましょう。ご協力をお願い申し上げます。