素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
ホテル名:
グループ人数
チェックイン:
ルーム数
その他の情報
 
インタナショナルスタンダードホテル滞在格安料金プラン
ホテルアンバサダー
静かでのんびりとすごせるネパールカトマンズにあるホテル
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

チトワン国立公園内滞在のチトワンジャングルロッジ高級ホテル

ユネスコ世界遺産の魅惑的チトワン国立公園は世界人気の観光地です。全滅に危機にさらされている多くの動植物がここチトワン国立公園は発見されている。ヨーロッパやアジア諸国からチトワン国立公園訪れている多くの渡り鳥たちの生き生きする姿が興奮させる。ヒマラヤの麓で広々と広がっている亜熱帯林で美しい姿を現す白際やアジアン象のほかにナマケモノ、イノシシ、ガビアルクロコダイル、ロビンソン、ヒョウのほかに一目使用と求め続けているベンガルトラがここチトワン国立でも生殖している。運河よければベンガルタイガーを目撃すること可能なチトワン国立公園遊びの旅行、野生生物学者や愛好者にとっての楽園です。
チトワン国立公公園周辺は沢山の滞在ホテルやロッジがありますが、公園内にあるロッジやホテル宿泊により目的達成はより効率的と考えられます。ラプティリバーの川岸にあるチトワンジャングルロッジはお客様の希望達成の宿泊ロッジとなります。一軒一軒のコーテジ式ロッジでは太陽電気を利用され、24時間ホットサワーが整っておりそのほかの水周りで近代的便利なものを利用されている。コテージの中央にあるダイニングホールで好みの料理をいただけ、ダイニングホールと隣接しているバーでは飲料品をいただけます。深いジャングルの中にあるため何より楽しいのが動物たちの観察と撮絵、これにこそチトワンジャングルロッジ宿泊の価値観がよっているのです。ジャングル内キャンプのことを考えるとはるかに安く上がりますチトワンジャングルロッジ、きっとお客様の希望も満たすことでしょう。

アクセス方法:

空路:カトマンズからバラトプル線飛行機を利用出来ますが、空港場から30分近くのドライブでホテルチェックイン。

車:カトマンズやポカラから専用の車を利用しパノラマドライブを楽しめながらご希望のホテルをチェックインされます。旅行季によるものですが、お客様の都合に合わせてカトマンズやポカラからチトワンジャングルサファリプログラムの際それぞれのトリスリリバーラフティングやセティリバーラフティングを楽しめることも可能です。このほかにツーリストバースを利用して頂チトワンジャングルサファリを楽しめられるのですが、公園内宿泊旅行プランではツーリストバスでのアクセスが難しく、専用車や空路を利用していただくことになります。あらかじめご了承ください。

チトワン国立公一年の温度と湿気に関する情報
  • 気候 温度 備考
    • 九月中旬
    • 雨季の終わり
    • 10~30度
    • 湿っぽく蒸し暑い
    • 10月~1月
    • 温かい昼ですが夜は寒い。空が進んでおりすばらしい絶景向けの月日となります。
    • 5~18度
    • 10月は多少の湿っぽい気候ですが12月から2月にかけくもがかかるため寒い
    • 2月〜4月
    • 華々しく、新鮮な空気が漂う中動物たちと出会う確立が大きい。昼は暖かく、朝晩は寒い。
    • 18~40度
    • 温度が増加し暑い日々が続き増す。
    • 5月~6月
    • 雨季です。暑いですが、花が咲いて動物観察にもお勧め。
    • 30~45度
    • 湿っぽく暑い日々が続きます。雨季です。
    • 注意:6月中旬から9月前半まではモンスーンのためマチャンジャングルリゾートは閉業。
チトワンチトワンジャングルロッジが手配するサファリプログラム詳細内容
チトワンジャングルロッジ国立公園内プログラム初日目
  • 午後3時: 午後3時半までにホテルチェックインされますと、したがって公園内活動に関する活動知識をいたします。
  • 午後4時: エレファンとバックサファリ。鹿、熊怠け熊、一角の白サイ、ヒョウ、サル、鳥たちと運がよければベンガルトラを中心とする象乗りサファリです。
  • 午後6:30:ロッジバック。タルスティックダンスを披露。
  • 夕方7時から7時半:ディナータイム。
チトワンジャングルロッジ国立公園内プログラム2日目
  • 午前6時: 目覚ましコール。ティー/コーヒーサービス。目覚ましのコチャー後ネイチャーウォーキング。バード観察ツアー。朝一巣から出る鳥たちに迫ります。
  • 午前7:30分: 朝食の時間。
  • 午前8:30分: 朝食後一時間の休憩を取り、次はラプティリバー上でカヌーライディングです。川辺に集中する鳥たちの群れを楽しめる絶好の瞬間です。鳥たちのほかにラプティリバーで生殖する幻といわれているマースマーガーと川魚えさとしているガビエルクロコダイル拝見に迫ります。カヌーを降り立ち30分近くのハイキングで象の繁殖地へと挑みます。長い年月をお客様にサービスを与え続けている象から幼い象の子供たちと触れ合える雄一の瞬間です。象の繁殖地からロッジまでドライブバック。
  • 午後1時:ランチタイム。
  • 午後3時半: チトワン国立公園周辺の先住民として知られているタル村までハイキングを行われ彼らタル族に関する生活習慣について触れ合います。
  • 午後5時半: タル村からロッジへワーク/ドライブバック。
  • 夕方6時半: タル族によるスティックダンス。
  • 夕方7時から7時半:ディナータイム。
チトワンジャングルロッジ国立公園内プログラム3日目
  • 翌朝6時目覚しいコールと共にコチャー/コーヒーサービス。エレファントバックサファリ/ネイチャーワーク/バードウォッチングツアー。
  • 朝7時半: 朝食タイム。休憩。
  • 8時半か都合の時間に合わせて更なる目的先への出発。
チトワンジャングルロッジ国立公園内宿泊料金プラン
チトワンジャングルサファリプログラムを主に持ち物紹介
  • 双眼鏡
  • 目指さない自然に近いうす色の服装。明るい色に反応されてしますと動物たちが逃げられてしまいます。11月から3月待つまではセーターとジャケットのような暖かい類の服装が進め物
  • 虫除けクリーム(スプレー)個人専用の医薬品
  • ジャングル活動の際、貴重品や宝物などを持たないように軽装な服装に心をかけましょう。
Web-Stat traffic analysis